事務訓練『作業日報』

 

こんにちは、静岡市清水区にありますスタジオプレアデス清水、メンバーの鈴木です。

 

現在どこにもマスクが売っていないのでウイルスは勿論、最近花粉症の気が出てきたかもしれない私には厳しい状況です。

皆様にもマスクは無くともウイルス対策として、手洗いとうがいをこまめにやっていただければと思います。

 

 

さて、今回はプレアデス清水で行っている訓練の一つ、「作業日報」をご紹介いたします。

 

 

会社における作業日報とは目標を決めて、1日の作業内容を上司に報告するための文書です。

近年ではアプリで日報を管理する会社も増えていますが、訓練では電卓を使って行います。

 

 

訓練内容としては、3か月分の作業日報から指示された日付・作業者の日報を検索し、各作業種に対して、作業時間、作業量、不良数、不良率を集計する作業でして、例えば“〇月〇日の〇〇さん”が行った作業の各数値を、別紙の集計表に正確に書き込み集計していくというものです。

 

 

最初は一人分の作業内容を書き込んでいくのですが、レベルが上がるごとに作業員が2人、3人…と増えていき、行った作業種も変わっていくので、変化に対応し、ルールを把握して間違えのない様に正確に書き込める能力が必要になります。

 

 

私もこの「作業日報」をやっていく事で、今までどこかちゃんと出来ていなかった見直しが確実に出来るようになり、集中力が鍛えられたと思います。

 

 

ということで、今回は「作業日報」を紹介させて頂きました。この他にもプレアデス清水では様々な訓練がありますのでまた次の機会にご紹介させてください。